1. ホーム
  2. news
  3. ≫サイバー攻撃の手法とその範囲

サイバー攻撃の手法とその範囲

最近何かと話題に上がりやすいものにサイバー攻撃というものがあります。サイバー攻撃はさまざまな手法で行われるものであり、またそれはその範囲も含めて、非常に多様性を持っているといえるでしょう。

例えば、「手法」について言及すれば、大量のアクセス集中によりサーバーダウンを狙うDDoS攻撃、あらかじめ仕込んでおいたウィルスなどを送りつける方法もあります。また「範囲」についていえば、個人的なオフィス環境におけるウィルスや、また国家的な枠組みの中で行われるものまであります。

さらに言及して、例を挙げれば、今日のニュースで例えばこういった記事(2013年3月31日閲覧)でも感じられるとは思いますが、範囲は企業動向や国家的な枠組みで行われたりするものなのです。かつてのロイター通信の記事(2013年3月31日閲覧)ではアメリカはサイバー攻撃に関して、厳格に対処する姿勢を示したこともありますし、企業の範囲内で言えばこういった記事(2013年3月31日閲覧)も見受けられます。

日本が培ってきた貴重な技術力の漏洩もその範疇に入るのです。意外と気づかなかった方は多いとは思いますが、サイバー攻撃というものは、その「手法」もしくは、その「範囲」によっても、多様性があるのだと結論付けることが出来るでしょう。

 

457px-Mitsubishi_heavy_industries_building_konan_minato_tokyo.JPGのサムネール画像

三菱重工業本社

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター