1. ホーム
  2. news
  3. ≫Linux環境におけるアンチウィルスソフトウェアの活用について

Linux環境におけるアンチウィルスソフトウェアの活用について

最近LinuxというOSをよく見聞きすることがあります。このOSは、フィンランドのプログラマーであるリーナス・トーパルズによって作られたOSでありまして、最近ではデュアルブート環境として、このOSを活用する方も多いでしょう。ただ、横道にそれますと筆者はデュアルブート環境において、良い印象をもっておりません・・・なぜかというとPCの挙動が不安定になりフリーズも増えるからです。

閑話休題。やはりLinuxの良い点は世界でもっとも良い設計図に基づいて作られたOSだという点でしょう。では、LinuxOS環境におけるアンチウィルスソフトウェアにはどのようなものがあるのでしょうか?実際のところ、Linuxには、その完成度の高さのあまり、アンチウェルスソフトウェアを必要としない・・・とまでいわれるほどなのです。このあたりはこの記事が非常に参考となりますので、ぜひご一読ください、読んで絶対に存しない記事に仕上がっております。一様その類のソフトウェアはありますが。性能としてもあまり良い・・・とはいえそうにはありません。

CLamAVというLinuxOS環境に特化したソフトウェアはございます。これはLinuxOSのコンソールからダウンロードできますので、Linux環境にはアンチウィルスソフトウェアは適さないという意見を踏まえた上でも、導入を考慮するには値することでしょう。

 

300px-ClamTk4,33.jpg

ClamAVの仲間ともいうべきアンチウィルスソフトClamTK

 

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター