1. ホーム
  2. セキュリティ
  3. ≫G DATA 2011セキュリティソフトの総合力を兼ね備えたインターネットセキュリティ

G DATA 2011セキュリティソフトの総合力を兼ね備えたインターネットセキュリティ

2010-09-25 3-56-46.jpg

G Data インターネットセキュリティ 2011について。

G-DATA公式サイト

99.9%検出率のウイルス対策、フィッシングサイト防止、迷惑メール防止、不正アクセス防止、有害サイト対策機を搭載した最も標準的なセキュリティ製品です。(対象バージョン:インターネットセキュリティ)

G-DATAはウイルス検出率が最高レベル

過去にも使用したG-DATAウイルス検出率自体は最高レベル

既知のウイルス検出率実績

2010-09-25 4-05-12.jpg

三つ星率 8割8分9厘(9回中、★★★が8回、★★が1回)

G Dataは2007年2月よりテストに参加、2010年2月までに行われた9回のテストの結果、★★★(Advanced+)が8回、★★(Advanced)が1回で、三つ星率は8割8分9厘です。これは、A社、B社に次いで、第3位です(注 A社は2010年2月に参加して1回のみの評価によって1位となったものものです)。

G DATAの管理画面

以下の画面は2008年のバージョンですがこのころからなかなかセンスのいいデザインのウインドウ。

https://security.i6i6.biz/2009/01/g-data.html

g_data02.gif

2011年度バージョンもさらに洗練されている。

各種バージョンがあるもののオススメはインターネットセキュリティ。

こちらがアンチウィルスやスパム排除などの総合的セキュリティソフトとなる。

G-DATA公式サイト

G DATAの気になるところ。

やはりパソコンの動作が重くなるところでしょうか。古いパソコン例えばPentium4とかシングルコアのCPUだとウイルスチェックと他の作業を行うというのは非常に厳しい状態になる。

個人的には総合的なバランスで軽さと安全性を保った製品を好んでいるのでG DATAはノートPCに使用することはない。

ただ、ハイスペックな最新PCのようなマルチコアなCPUを搭載したパソコンならこういった最高レベルのアンチウィルス性能はありがたいところだと言える。

無料で30日間試せるので是非、ご自身のパソコンスペックで十分な動作が出来るかこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

G data主な機能

ウイルス対策

●ウイルス対策(マルウェア対策) ●スパイウェア対策

最高99.9%の高検出率を誇るダブルスキャン技術を搭載した世界最高水準のウイルスブロック性能。定義ファイルにない新種マルウェアも、ウイルス拡散監視(アウトブレイクシールド)とヒューリスティックの併用でしっかりと検出。安心してインターネットを利用できます。

迷惑メール防止

●迷惑メール防止 ●外国語メールをブロック

勝手に送られてくる迷惑メールを内容から判別し隔離(学習機能付き)。不要な外国語メールも、まとめてブロック(必要な外国語メールは、英独仏中国語など10ヶ国語から選択可能)。

不正アクセス防止

●ファイアウォール ●オートパイロットアクセス

不正侵入の危険性が高い、外出先のホットスポットでも安心して使えるステルスモードを搭載。 4段階のセキュリティレベル設定でPCの知識に応じた利用が可能。また、安全にネットワークに接続できるオートパイロット機能を搭載。

有害サイト対策

●有害サイト閲覧禁止 ●インターネット利用時間設定

アダルトコンテンツや出会い系サイト、暴力表現の多いサイトなどの有害サイトを表示させません。 PC利用時間の設定も可能。

インストールに必要なPC環境スペック

OS Windows 7 Home Premium/Professional/Ultimate/Starter (32bit/64bit)
Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimate (32bit/64bit)
Windows XP Home Edition/Professional [SP2以降](32bit)
(各日本語版)
CPU Windows 7/Vista:800MHz以上 [1GHz以上を推奨]
Windows XP:500MHz以上 [1GHz以上を推奨]
メモリ 512MB以上[1GB以上を推奨] ※グラフィックメモリとの共用は除きます。
HDD 1GB以上の空き容量
CD-ROM CD-ROMが読めるドライブ(パッケージ版のインストール時)
[ブートCDの作成を行う場合は、4倍速以上で書き込み可能なドライブ推奨]
ディスプレイ 解像度1024×768ドット、High Color(16ビット、65,536色)以上
その他 InternetExplorer 6以上、インターネットに接続可能な環境[ブロードバンド以上を推奨]
※インストールには管理者(Administrator)権限でログインする必要があります。
※他のウイルス対策ソフトとは併用できません。
※ダウンロード版でブートCD機能を使用するにはブートCDの作成が必要です。
※ブートCDの作成には書き込み可能なCD/DVDドライブが必要です。
※ユーザー登録するためにはPCのメールアドレス(携帯メール不可)が必要です。

G DATA更新もこちら

G-DATA公式サイト

日本ではまだ無名なウイルス対策ソフトですが海外では非常に有名なアンチウィルスソフトです。

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター