1. ホーム
  2. わかる日記
  3. ≫ウィルス対策ニュースまとめとプチコメント7月13日

ウィルス対策ニュースまとめとプチコメント7月13日

■「PDFウイルス」が再び猛威、メールの添付ファイルに注意
~ Adobe Readerなどの脆弱性を悪用、開くだけで被害の恐れ ~
https://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100712/350136/

セキュリティ企業の米シマンテックは2010年7月8日、悪質なPDFファイル(PDFウイルス)を添付したメールが急増しているとして注意を呼びかけた。古いAdobe Readerをインストールしているパソコンでは、添付ファイルを開くだけでウイルスに感染する恐れがある。

・・・こ、これは、、、ガンブラーふたたび?^^;

――――――――――――――――――――――――――――
■半年で1000万種類のウイルスが出現、ほとんどは「亜種」
~ 米マカフィーが報告、累計では4000万種類以上 ~
https://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20100708/350081/

セキュリティ企業の米マカフィーは2010年7月7日、2010年前半のウイルス(マルウエア)収集状況を発表した。それによると、およそ1000万種類のウイルスを新たに確認したという。
最近の特徴としては、既存のウイルスを改変した亜種が増えていること。1年当たりに出現するウイルスの種類数は増加しているにもかかわらず、「ファミリー数(亜種のベースになっているウイルスの種類数)」が減少している

・・・半年で1,000万種類=1分間に38種類!
ますます定義ファイル方式では追いつかないですね~。

――――――――――――――――――――――――――――
■サポート付きの「偽ソフト」、不満なユーザーには別の偽ソフトを提供
~ 有効期間が1日のお試し版、“自作自演”で信用させる ~
https://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100712/1026105/

カスペルスキー研究所は2010年7月9日、新たな手口の「偽ソフト」を確認したとして注意を呼びかけた。同社が確認した偽ソフトは、チャットなどによるオンラインサポートを用意。偽ソフトをインストールして困っているユーザーに、対処策として別の偽ソフトを提供する。

・・・スゴイ!これは手が込みまくっています。ここまでやるとは。。。

――――――――――――――――――――――――――――
■電話で「ウイルスに感染してますよ」、技術サポートを売り込む詐欺
~ 偽のセキュリティ問題をリストアップ、「解消したければ契約を」 ~
https://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100708/350060/

SANSは7月6日、古典的な手法で企業などのPCをマルウェアに感染させる新たな詐欺が確認されていると発表した。これは、企業などにビジネスサポート会社を名乗る者から電話がかかってくると言うもの。「登録されたマイクロソフトサポートパートナー」と名乗るケースも確認されているが、マイクロソフトではこのような名称は使用していない。

・・・こちらは原始的な手口ですね。。。個人的には意外とひっかかりやすいかも。

――――――――――――――――――――――――――――
■「ウイルス検出率」だけで製品を選ばないで――評価機関が勧めるポイント
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1007/12/news008.html

セキュリティ製品の代表的な存在であるウイルス対策ソフトは、数十種類が存在し、どの製品を選べば良いか迷うコンピュータ利用者が少なくない。参考指標の 1つに「ウイルス検出率」があるが、近年は脅威が複雑化し、ウイルス検出率だけでは製品の性能を正しく評価できないという。ユーザーが製品を選ぶ際にどのような点に注目すべきか――。

・・・いろんな意味で面白い記事ですね^^まとめるとこんな感じでしょうか。
★背景:感染原因が多様化、従来の評価手法ではウイルス対策ソフトの性能を正しく評価できない。
★セキュリティの課題:膨大な数の「脅威」に対応しきれない。事後対応では限界がある。
★製品選定の注意点:体験版を使って判断するのがベスト、高検出率だけでなくそれに伴う誤検出率も要チェック

――――――――――――――――――――――――――――
■Webサイトの3割以上に「重大な欠陥」、ガンブラー対策も不十分
~ NRIセキュアテクノロジーズが調査、企業のセキュリティ問題を浮き彫りに ~
https://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100706/1025939/

NRIセキュアテクノロジーズは2010年7月6日、企業の情報セキュリティに関する調査結果を発表した。企業が運営するWebサイトの36%には、不正にアクセスされるような重大な欠陥が存在するという。また、31%の企業システムでは、「ガンブラー攻撃」で使われるような、パスワードを盗むウイルスへの対策が不十分だった。

全体の22%ではリモートログインの通信を暗号化しておらず、11%はFTPサービスを公開。
対策はアクセス制御の実施。ユーザーIDとパスワードだけではリモートログインできないようにする。

・・・ガンブラー危機の再来?^^;

――――――――――――――――――――――――――――
■OSサポート終了で商機 MS「2000」、「XP」の一部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000014-fsi-bus_all

米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)の旧型製品が13日(日本時間14日)、相次いでサポートが打ち切られる。2000年に発売した「ウィンドウズ2000」のほか、まだ多くの利用者がいる「同XP」も一部のバージョンが終了対象となる。サポート終了後はコンピューターウイルスなど不具合対策などがなくなる。このため、セキュリティーソフト会社は対策ソフトを発売している一方で、パソコンメーカーでは新しいOSを搭載したパソコンへの切り替え需要を期待している。

OSの期限がつまりXPの期限が切れることで端末自体が変わる時代になるのかも。。

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター